にわか釣師がライトゲームを始めました。

香川で釣りをやってる、にっくのブログです。 釣果報告を中心に思いつくままに書いていきます。

15日(土)22時プレイボール。

上司は、21時からフライングスタート。

序盤は、短く持って狙うが、快音はなし。

餌師の上司も同じく快音なし。

中盤、長いのをもって長打を狙う。

小さいが何とかヒット。
DSC_0248











(金玉 フローティング +尺ヘッド0.9g+ベビーサーディン)

40mくらいでヒット。

続けて、連打。

DSC_0249












30mと20m。位置がバラバラやけど、
内野はヒットにならないらしい。

そのあとも、ひたすら外野狙い。

これくらいがヒットし続ける。
DSC_0250












その間、餌師の上司は、ポテンヒットのみ。

さらにこっちは畳みかけて、ダメ押しの24cm。
DSC_0251











久々に、いいサイズがきた。

そのあと、潮どまりでは、ヒットが止まったが、
流れがきたら、釣れづづけて。

結果、
ヒットは20本以上。
持ち帰りサイズ10匹以上に。

上司は、手のひらサイズ5匹で、持ち帰りなし。

10対0の圧勝。


餌には反応なくて、小魚パターンで反応がでるのは、春っぽい釣れ方。

本来、ジグ単でやる釣りを、フロート使って、沖でやってみたが、かなり使える。

本当は、シンキングを使うつもりだったが、キャスト時に星になってしもうた。2個も・・・。

まぁ結果的には、フローティングが当たりだったから、結果オーラオ。

土曜のことを書きたいが、まずはわっせていた12日(水)の釣果をさくっと。

まずは、場。

17cmくらいがぽつぽつ。
DSC_0240












場所は、いつもの角っこ。

レンジは、中層。

ドラゴンテイルで、ドリフト。

雨あがりのせいか、パターンがわからん。

でも、ぽつぽつは釣れる。


満ちてきたので、散歩へ移動。

俺のポイントは、先行者ありなので、そのちょっと左のへっこんだとこで。
DSC_0241












なんとか、20オーバーが1匹目。

でも、散歩もぽつぽつ。

サイズもバラバラ。

12~22がぽつぽつと。

周りも、どんどん帰っていくからあんまり釣れんのかな。

あの人はずっといたけど。



結果。

20upが2匹。

20以下が10匹ほど。

最後まで、パターンはわからんかった。

雨あがりが毎回よくわからん。


まぁ、さくっと書くとこんなもん。

「さぼっている」という文句は受け付けません。

それは、そちらの基準であって、こちらとしては、さぼっていたわけではないので。

最近、全然釣れんから
やる気をなくしていただけで(゚д゚)、ペッ


先週4月1日、やったった。

1491711245412





















釣ったのは、誰だったか?

釣った覚えはないが、俺だったということにしておこうか( ̄ー ̄)ニヤリッ

その日、釣れない半島でチビメバル4匹だったような気もするが。

まぁ、こんなん釣るんは、あの外道ハンターしか・・・。

釣った状況の説明を、コメでよろしく。



で、味をしめたらすぐリピート。

今回は、自分も同行。

期待していたんだが、
聞いた後に、行っても手遅れ。

たいてー、釣れん。

また、こんなチビばっかり。
DSC_0231












潮が動けば、また違うんだろうけど。


あきらめて、いどー。

次の場所は、すごい反応がある。

でも、すぐバレる。

メバルだと思っていたが、
正体を、Mr.ビックベイトさんが釣り上げた。
DSC_0230












なぜ、お前がいる。

豆じゃなくて20オーバーの、香川の良型。

当たっていたのは、こいつだったか。

尺ヘッドじゃバレるわな。

当たるときは、一斉にあたるが、連発はしない。

明りがないから、留まってないんかな?

最初は、岸際で
そのあとは、沖で当たりだした。

沖の場合は、シンキングのフロートで釣っていたから、合わせが遅れてバレるバレる。

10回ほどバラしました(´・ω・`)

結果。
DSC_0234











釣果3人分

ヒット数のわりに、数が少ないのは、ばらしまくったから。

真ん中の鯖は、今きてる外道ハンターが釣った。



今まで、こんな時期にこのサイズのアジが釣れたことがないんだけど、東は釣れるのか?

タイガーで聞いてみたら、この時期、東は釣れるらしい。

しらなんだ。

あと、西は、とある波止限定でアコウが釣れているらしい。


アジが釣れた時は、海で異常が起きているのかと思ったが、
意外と普通なことだったみたい。

このページのトップヘ