またしても熱帯魚ネタ。
釣りもちょろっと。
DSC_0023













うちの熱帯魚には、複数のエサをやっている。

定番のフレークと
161538-1













タブレットと
44511-1














あと、アカムシ。
冷凍エサのアカムシと
20089-1















乾燥アカムシ。

11918-1












いろいろやってて、どの魚も一番食いつきがいいのが、冷凍アカムシ。

フレークと冷凍アカムシを両方やると、いつもフレークが残る。

レビューを見てても、冷凍アカムシの食いつきはいいみたい。

さすが、高いだけある。

アカムシのくせー匂いが、反応をよくしてるんだろうね。

釣り人なら、魚が匂いに反応するのは知ってるだろ。

くせー本虫とか、ガルプとか、よく釣れるし。


実は、うちのステルバイ、目がつぶれてる疑惑ありのが1匹。

でも、普通に生き残ってるんよね。

ゲンキマンセミナーで聞いた、目と鼻どっちをつぶした魚のほうが長く生きるかの話。

目をつぶしたほうが、長く生きるらしいよ。

うちのステルバイも、鼻に頼って生存しているのかもね。


改めて、魚のにおいの重要性を認識したところで、釣りをしてみたが・・・

いつもどーりの釣果だった。
DSC_0024














8/28(土)の釣果は、カサゴ5匹だった( -д-)

道具だけじゃどうにもならん。頼む!はやく雨ふってくれ!